モラハラ離婚@法テラスとは何でしょう?

法テラスとは

私の記事では常に離婚をテーマにしていますが、法律相談全般に視野を広げるならば法的相談所として法テラスという言葉をよく耳にします。

法テラスをググってみるとまずはこんな説明文が浮上しますね。

法テラスは、総合法律支援法(平成16年6月2日公布)に基づき、独立行政法人の枠組みに従って設立された法人で、総合法律支援に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的としています。(総合法律支援法 第14条)

ざっくり言えば国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。

「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、誰に相談すれば良いのかもわからない時の問題解決への「道案内」をしてくれます。

司法の使い勝手を良くするため、総合法律支援法に基づき、平成18年4月10日に設立された法務省所管の公的な法人になります。

正式には日本司法支援センターという名称なんですね、法テラスというのは通称になるそうです。

主な業務は公式ホームページへ

法テラス

法テラス制度概要

法テラス料金

まず法テラスでは3回までの無料相談が受けられる制度があります。

また無料相談などを経て、正式に弁護士や司法書士を依頼するとなった場合には費用の立替え制度というものもありますが、それらを利用できるか否かは定められた条件が満たされている必要があるのです。

 

3回の無料相談を受ける場合の条件

(1)収入が一定額以下であること。基準については法テラスHP

(2)報復的感情を満たすだけや、宣伝のためなど、権利濫用的な訴訟目的でないこと。

 

立替え制度を受ける場合の条件

上記(1)(2)に加えて必要な条件

・和解、調停、示談などによる解決の見込みがあるもの。

 

これらの審査に通過すると法テラス制度を活用できます。

法テラス費用返済方法

調停、訴訟となりましたら費用は何十万~数百万と必要になりますが、立替え制度を利用した際の返済方法も考慮されています。

事件進行中から毎月1万円ずつ、もしくは5千円ずつなどの分割返済もあります。

原則、事件が終わったら3年以内に支払いを終了するという条件はありますが、生活保護などを受けている方や特別な事情などは返済開始時期の考慮など考えて貰えるようです。

利用するには為の問い合わせはどこ?

まずは制度を使える条件を満たしているかは問い合わせをしてみない事にはわかりません。

ではどこに問い合わせるのがベストか?

・直接法テラスへ連絡

・気になる法律事務所へ問い合わせて法テラスを利用できる事務所かどうかを聞くこともできます。

弁護士費用や法テラス利用の口コミ

一般的な弁護士費用は?

離婚紛争に関わる弁護士費用、法テラス利用についてご提供いただいた経験談を共有していきます。

まず弁護士費用ってどれくらい必要なのでしょうか?

そこがわからないが為に立ち止まってしまうパターンは手に取るようにわかります。

本当にピンキリなのですが、依頼するとなった場合の着手金10万~40万

そして最終的な成功報酬も加算された口コミに基づく情報としては

調停ならば総額50~100万

裁判まで行くと総額200~300万

これくらいは覚悟しておく必要はあります。

紛争中の裁判所への同行回数、相手方とのやり取りの手間などに関わる別途料金設定など、事務所それぞれの規定があるのでコレという決定的な金額を共有することは難しいのです。

法テラスの制度が利用できると上記金額よりも格安で利用できます。

法テラスを利用した人の口コミ

実際に法テラスを利用された4名の方から頂いた情報を記載していますので参考になれば幸いです。

生活が困窮していることを条件として、会福祉協議会が生活福祉資金というものを無利子で10万貸してくれます。

あと、法テラスセンターを使えば自分の所得に応じた弁護士代金などの貸付を行なっています。

そこは返済が2000円とかだったから気長に返済できました。弁護士費用について

支払いに関して

費用合計= 1回5000円+振り込み手数料✖️支払い回数

このような良心的な支払いプランが用意されています。

それでもキツイ場合は、相談の上 一回に振り込むお金を減額する事もできます。

3000円+手数料✖️支払い回数などなど…

または経済的な償還は今は無理ですと説明の上の償還猶予もできます。

 

養育費や婚姻費用が決定したら、2年間1割を月々弁護士に支払う(報奨金)という契約でした。

一括払いされるもの(財産分与など)は、相手から支払われたものが弁護士の口座に振り込まれ、
そこから報酬を引いてこちらに入金されました。

私は法テラスで何人か無料相談を入れましたが相談するだけで委任ができず悶々としました。

そこで、法テラスや日弁連ひまわりサーチ、また弁護士ドットコムやら自分で調べて、ある弁護士事務所へ無料相談の予約を入れました。

その時に、どうしたいのか?と言われましたが、相談=相談だけor委任希望、どちらかを伝えないことにはならないことを知りました。

法テラスの相談は当番制ですね。その日、その時の当たり外れは確かにありますが、本人の姿勢しだいだと思います。

ごく一部の意見ではありますのでそれぞれ臨機応変に対応可能なのかもしれませんね。

あと、凄くわかりやすい記事があったので勝手にリンク貼り付けます。

法テラス報酬基準

モラハラに強い弁護士にこだわりすぎないこと

モラハラ専門の弁護士を知りませんか?という声はよく聞こえてきます。

モラハラ専門を謳っている法律事務所やモラハラ案件に強いと名の知れた弁護士情報は検索すればリアルにヒットします。

実際にそのような「モラハラ専門弁護士に会ってきました」という話もSNSでは耳にするのですが、そのエピソードの中でも私が興味深いと思うのがモラハラ事案に強いなんて嘘だったという怒り交じりのご意見。

なぜ嘘だと思ったのか?が何よりも気になるところ。

そこに耳を傾けるとこんな理由が目立ちます。

慰謝料なんて取れないと言われた

憎いモラハラパートナーから何が何でも慰謝料を巻き上げてやる!という想いは私も抱いたことはあります。

これまで苦しめられてきた日々の代償として金銭的ダメージを与えてやりたい。

それはもちろん正常な感覚でしょう。

しかし皆様はモラハラで慰謝料を取れると御思いですか?

端的に言うとモラハラ”のみ”での慰謝料はとれません。

モラハラでも慰謝料を取れるという噂も確かに聞きますが、それは嘘です。

相談に行って慰謝料を取れないと結論付けられたからと言ってエセ弁護士と感じたのでしたら残念です。

真実をあなたに教えてくれる素晴らしい弁護士さんとの出会いを棒に振ってしまいましたね。

万が一「慰謝料は取れるから頑張りましょう!」なんていう弁護士がいたとするならばそれこそ完全に金儲け主義のエセかもしれません。

だから弁護士選びをこれからするという方には念頭に置いておいて欲しいんです。

あなたの言い分に寄り添い、よしよし大丈夫~というケア込み込みの弁護士が本当に必要なのか?という点。

法律の素人である私達の道しるべになってくれる弁護士は心理カウンセラーではありません。

愚痴吐きに付き合ってくれるお兄さんお姉さんでもありません。

法の専門家であるのだということをこちら側がキチンと分別をして挑まねばなりません。

あなたが思ってもいなかった返答をされたから格の低い弁護士との浅はかな結論付けはやめましょう。

正しい判断目を持ち、冷静に法の道案内をしてくれる弁護士こそが良い弁護士なんだと思います。

格の高い弁護士はそう簡単には心を乱しませんし、適当なことも言いません。

モラハラに強い弁護士に拘りすぎると弁護士選びの視野も狭くなってしまいます。

有能な弁護士はどの分野にも強いです。

冷徹に見えてしまったとしても、ちゃんと仕事をしているだけだと考え、心の穴埋めはメンタルクリニックにでもお願いしましょう。

 

またモラハラ案件は増えているそうですが、近頃は特に裁判所もモラハラというものにはスルーする傾向にあると聞きます。

モラハラ案件にしてこじらせてしまうと、より時間も費用もかかってしまいますので話題に出さない方が良いかもしれません。

相手に資産などがあり解決金などを望めるのならばまだ良いですが、ご自身の状況を鑑みてモラハラ案件にするのか、ただの離婚案件にするのかをよく検討してみてください。

 

弁護士との出会いも縁のものとしか言いようがないのも現実でありますが、しっかりと目的に導いてくれる人なのか?ということを見定めましょう。

ジェノグラムを準備して初回調停を挑もう

 

弁護士に委任する際に時系列の状況の一覧表を用意して挑むと良いです。

婚姻前後から現在までの年表や、登場人物を図にする(家族関係図)ジェノグラムを作っていくとスムーズに自分のことを伝えることができます。

ジェノグラムの書き方の参考サイト

 

例えば下記のようなものです。

 

 

 

 

皆さんも試しに作ってみて下さい

ただの愚痴

私は法テラスを利用しようした時は知識がゼロだった為に制度を使いそびれてしまいましたが、その時の記録です。

出会った二人の弁護士さんは新米弁護士でした。

 

まず最初の弁護士は、あまりにも横柄な人柄で、聞きたかったことの答えを何も聞きだすことが出来ず終了。

その後、弁護士会にクレームの電話をいれ後日セッティングして貰った2人目の弁護士さんはとっても人柄が良く、気持ち良くその場はクリアできました。

しかし共通するのはお二人とも、とても若い弁護士さんだったのです。

2人目の弁護士さんは素敵でしたが、いざ本格的に依頼するとなれば少し考えようと思いました。

自分にとって大事なことですから、ただ人柄がよいだけで選ぶには自分の中で待ったが掛かりました。

 

この件に関して、Twitterで質問してみましたよ。

私の経験とは違って法テラスにはベテラン弁護士さんもいらっしゃるという情報がフォロワーさんの意見で知ることが出来ました。

様々な経験をお聞かせいただけましたのでツイートのツリーまで目を通して頂けたら幸いです。

参考までに(*´ ∨`)

 

 

若手弁護士さんも様々な経験を経て立派に司法の道を歩んでいかれるわけなので無下に扱うわけにはいきませんね。

暖かい目で見るべきだと頭の出来では足元にも及ばない私でも思います。

 

しかし聞いてくれます?ただの愚痴!!

最初の横柄な弁護士は男性でしたがアレはダメです!

彼は最初っからしかめっ面!こちらが質問するたびに「はぁ?」とか、溜息交じりで「だからぁー!!」とか・・・

何故か出会った瞬間からめちゃくちゃキレてらっしゃるんですよ。

モラハラ夫と全く同じではないか!と、お口あんぐりになったというエピソードです。

家でもモラモラ弁護士にもモラモラ

たまったもんじゃないです(╬`⊙д๏)

 

私は戸籍のことなどを諸々と聞きたかったんですが、スマホで何やら検索をはじめ、結局わからないとなれば信じられない言葉を放たれました。

「戸籍のことは市役所の戸籍係でしょうがよ!」

ということでした。

こりゃダメだ!とすぐに思ったのですが、30分という時間が設けられており、何か聞かねばと思い質問を続けましたが・・・終始、怒っておられました。

 

私の聞きたいことはなぁーんにも聞けず15分で幕を閉じる。

 

私の見解ですと、この男性弁護士は自分が経験不足で無知なことをこのオバハンに知られてはならぬと焦ったんでしょう。

そんな彼の心理が高圧的な態度として現れたんでしょうね。

まさにモラハラあるある!!

 

自己愛の強い弁護士さんもいるんだという学びを胸に、私は離婚成立にむけて突き進もうと思います。

私が頼りになる今の弁護士さんに出会えたのも、このような経験が役に立ったのだと思っています。

そしてTwitterフォロワーさんによる法テラス利用の感想もよろしかったら参考にして下さいね↓

 

あと民間の無料相談を利用した時の経緯と感想をこちらの記事でシェアしています↓

モラハラ離婚テクニック

モラハラマニュアル

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力感謝してます。にほんブログ村

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会

Twitterでフォローしよう