大人の発達障害 オススメ病院は?@モラハラ夫に騙された医師

ウチにはモラハラをこじらせたヤバイ夫がいる。

以前から疑っている夫の発達障害

この特性が夫のモラハラ具合を加速させている原因の一つと言えるのかもしれない。

配偶者の生きづらさを改善してくて受診させたいという悩みを持っている人は数多存します。

しかし専門機関へ誘導すること自体が大変なミッションになってしまのです。

今回のエピソードは夫を受診までは誘導出来たけれど失敗した話。

実はうちの夫には他に目的があったのです。

「おかしいのは妻である」という主張をして大騒ぎしてやろうという計画がありました。

そして実行したのです。

今となって思うのは、夫は発達の遅れだけではなく自己愛性パーソナリティ障害も煩っているのだなと理解することが出来ます。

 

 

 

 

まず最初に念押ししておくと私の目的は夫の療育を夫婦共に乗り越えようというものではない。

もう離婚することは私は決めているんだから。

 

受診の目的と私の思考

①夫に認知の歪み等を自認して貰うこと。

②夫に自ら改善への努力をして貰うこと。

③特性により会話でのコミュニケーションが苦手だという診断書をゲットすること。

 

あわよくば ③により離婚調停などが有利に進むのではないかと企む。

そのような算段から面倒くさいのにも関わらず私は病院をピックアップして予約して受診まで付き添うことになった。

 

しかし

そんな未来予想図はいとも簡単に崩れ去る

 

実は今回の本題はこれ!

モラハラあるあるの一つである

家ではモラモラ、外ではニコニコ

参考記事↓

 

家庭の外に出ると温厚な人格を完璧に演じてしまうのがモラハラ加害者の特性。

それを見事発動させた夫の演技に医師が騙されたお話になる。

 

私が体験した出来事をこのページに訪問して下さった方にお伝えし、

アスペモラ*と医師の二人きりにしてしまうと大変なことが起きるということを今後の参考にして頂きたく記録に残そうと思う。

*アスペルガーとモラハラの両方を煩っている人

気になる方は次のページへ

 

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会

Twitter

https://twitter.com/otokomirumenasi/status/1131677363865915392?s=19

シンママ・シンパパ必見サイト!利用者から好評

Twitterでフォローしよう