大人の発達障害オススメ病院は?@一生添い遂げる覚悟がないならばモラハラ夫の受診はやめておこう

配偶者の発達障害は受診させるべきなのか?

我が家にはモラハラをこじらせたヤバイ夫がいます。

以前から疑っている夫の発達障害

もちろん重度のモラハラには人格の病が関係することはわかっているのです。

 

しかし発達障害の特性も強すぎる夫…

それがモラハラ具合を加速させている原因の一つなのかもしれないと考えた私は、発達外来を受診させたいと思うようになりました。

 

私のように配偶者の生きづらさに気づき、受診させたいという悩みを持っている人は世間ではわりと多いようです。

しかし専門機関へ誘導すること自体が大変なミッション。

 

今回の私のエピソードは、夫を受診までは誘導が出来たけれど失敗したお話。

 

実は大人しく病院まで着いてきた夫には、他に目的がありました。

「おかしいのは妻である」という主張をしてやろうという計画があり、それを本当に実行したのです。

それにより混乱を招き、目的であった検査をして貰うことも叶いませんでした。

わざわざ受診をさせたことは時間の無駄であったと結果的には後悔しております。

 

検査までは至らなかった事実は、人格の歪みが非常に強い夫からすると「やっぱり自分は普通だった」と解釈することになります。

そして後に、病院に連れていかれたことを妻の加害行為として慰謝料請求の理由に織り込んでくることになったのです。

本当に恐ろしいです。

 

”特性を改善することは自分のステップアップに繋がる”という考えに普通ならば行きつくでしょう。

しかし人格の歪みが激しい人間は、そんなプラスに物事を捉えることはできません。

そもそも彼らにはそんなスペックなど備わっていないのですから。

夫にとって病院に連れていかれたという事実は、相手の攻撃としか考えられないのです。

 

配偶者の発達障害に気づき、何とかしなければと感じている人に経験者として言えることは、本当に改善をしなければならないのか良く考えて欲しいという事。

必ず添い遂げるつもりですか?それならば大いに意味のあることだと思う。

一生を棒に振る覚悟がないならば、放っておきましょう。

下手すれば私のように加害者に仕立て上げられるという恐怖を味わなければなりません。

ここまで大きく育ってしまった人間を改善することは非常に過酷です。

パーソナリティ障害を持っているならば受診はお勧めできない

まず最初に念押ししておくと私の目的は夫の療育、支援を夫婦共に乗り越えようというものではありませんでした。

もう離婚することは私の中では決めていましたので。

 

受診の目的と私の思考

①夫に認知の歪み等を自認して貰うこと。

②夫に自ら改善への努力をして貰うこと。

③特性により会話でのコミュニケーションが苦手だという診断書をゲットすること。

 

あわよくば ③により離婚紛争などが有利に進むのではないかと企む。あくまでも、あわよくば…

そのような算段から私は病院をピックアップ、予約し受診まで付き添うことにしました。

 

しかし

そんな未来予想図はいとも簡単に崩れ去るのです。

モラハラあるあるの一つでもありますが、彼らは家ではモラハラ行為で家族を苦しめているにも関わらず、家の外では穏やかな人柄を演出できてしまいませんか?

 

うちの夫も家の外では実に温厚な人格を完璧に演じてしまうという危険な人間であります。

なんと、その演技に医師も見事に騙されたようなんです。

その医師は、夫を診て何らかの特性は感じられると言ったにも関わらず「検査する必要はないのでは?」と頑なに自分の見解を貫きました。

 

今後、配偶者を受診させようと考えている方は聞いて下さい!

私が体験した出来事を通して、今後起こりうる事態を想定し、自分の人生を二の次に出来る覚悟があるのかどうかを良く考えて欲しいのです。

 

そして確認しておきたいことがあります。

あなたの配偶者に人格の病は感じられますか?感じられないですか?まずそれを知って下さい。

本当に発達障害のみならばスムーズに進むのかもしれません。

が、人格の病が備わっているならば全く別物として捉えなければならないのです。

ウチのモラハラ夫の場合も発達の問題だけでなく、人格の病である何らかのパーソナリティ障害も煩っていると思われます。

そんな人間を受診させてしまったことが失敗の要因であることは明白なのです。

 

もし配偶者にモラハラ要素があるならば、自己愛などの人格障害がないかどうかは事前に調べておきましょう。

自己愛テストでその可能性があれば受診はお勧めできません。

あなたが傷ついて終わるだけになるでしょう。

夫婦カウンセリングをまずは受けてみる?

夫に発達外来を受診させたことを今になって振り返ると、医師からすれば夫婦げんかの延長としか受け止められなかったのだろうと思います。

双方がそれぞれ相手方のことをおかしいと言い合っている図は、まさに夫婦喧嘩なのです。

受診した本人が、それこそ純粋に発達障害のみの疾患であるならば、素直に周囲の導きに身を任せる可能性が高いかもしれません。

なぜなら発達障害の生きづらさは個々にありますが、話し合いは有効だということは断言できます。

他者からの指摘を受け止め、考え、反省し、改善をする努力、共存のための歩み寄りをできる可能性が発達障害者にはあります。

しかし人格障害である、何らかのパーソナリティ障害を煩っているならば無理です。

自分の非を認めることは絶対にありません。

並びに他者から指摘なんてものをされると攻撃されたと判断するのです。

「あなたには発達の問題からの生きづらさがありますので、治療により他者との共存をより良いものにしましょうね」と声をかけられたところで正確に彼らの耳に届くことはありません。

頭おかしいと言われた!と憤り、そんなことを言う相手のことを「アイツはヤバイ。頭おかしい」と解釈します。

これは自己愛などを煩っているならば絶対にそうなります。

 

そして夫の受診で出会った医師は私達へ「夫婦カウンセリングに行って」と結論付けました。

このまま検査や受診を続けても埒が明かない夫婦と判断されてしまったのです。

両方が相手のことをおかしいと言い合っているんですから仕方ないと言えばそうなのですが、これは医者のするべき導きではないと思います。

公的機関などの相談センターの相談員が「コイツら埒があかん、夫婦カウンセリングへ行って!」と言うならば腑に落ちます。

 

しかし発達外来の医師であるならば、わざわざ訪れ、検査してくれという者に「検査しない、カウンセリング言って」という判断は如何なものでしょうか?

いったい何を守りたいのかもさっぱりわかりません。仕事でしょ!?と怒鳴りつけたくなります、怒鳴りませんが…

 

検査しないならば何のために医師として存在しているんですかね?というのが私の結論です。

誰も幸せにならない結末になってしまったことをこの医師は重く受け止めるべきです。もう記憶にもないんでしょうが…

完全にクレーマーのようになっておりますが、仕方ないです。

カサンドラを煩っている者からしたら絶望しかないんですよね。

しかしながら何事も縁であり、私は病院選びに失敗したと諦めるしかないわけです。

 

どちらにしろ配偶者の生きづらさが発達障害に留まらず人格障害もあった場合は、受診や検査は意味がないものになるのかもしれません。

今の医療で人格障害に施す治療は無いに等しいそうです。

私はこの時の医師に「人格障害の傾向を感じるのですか?」と最後に聞いてみましたが困り顔で黙ってしまいましたので、きっと知識がなかったのでしょう。

 

夫婦カウンセリングについては、医師に進められたことは未だに腑に落ちません。

しかし配偶者に生きづらさを感じると素人の私に相談する人がいるならば夫婦カウンセリングに行くべきとオススメすると思います。

その方が近道かもしれません。

そこで発達検査をするべきとカウンセラーが判断を下せば適切な導きにありつけるでしょう。

そこから別の何かも見えてくるかもしれません。

 

次の章では私が夫を受診させた時のことを自分の中で成仏させる為に記録しております。

ただの記録でしかありませんが、もし気になる方は続きをどうぞ

モラハラ夫を発達外来へ ただの記録

 

病院選びは方々に問い合わせをし、様々な検査を期待できるとしてオススメされた田舎の割には大きめな病院に決める。

もちろん私が電話をかけ予約をした。

電話口での質問で答えたこと

 

①夫が発達障害の疑いがある(妻の見立てではほぼ確定ということ)

②自認の為に発達検査をして欲しいということ

③特性により日常生活に支障が出ているので改善への策を知りたいということ

④本人に自覚はないので妻である私も同行し本人に代わって説明しますということ

 

 

看護師さんとの電話での打ち合わせ時間が設けられ、大まかにこのような事項を伝える。

通話の感触では専門医との受診後に検査は受けられるから安心して下さいという流れ。

この辺りではこの病院が一番細かく検査できるという元の情報どおりの頼もしい病院だと確認することも出来た。

 

しかし受診当日、電話での暖かい対応はどこへやら

電話対応して下さった方どころか看護師すらいない、医師と夫、私との3人だけの空間に通されることになる。

 

まず私は限られた時間の中で夫の特性を洩れなく伝えることが出来るようにと文書を作成し準備しておいた。

もともと発達障害児を育てる私はそのような準備が一般的だと知っていたので。

夫の困り事、生きづらさ等をまとめたものを医師に手渡す。

すると、その男性医師は目も通さずに驚く言葉を発した。

 

『あなたが書いたの?そういうのは要らないんです。専門家のまとめたものを下さい』

 

はぁ?電話での感触とは全然違うではないか?

 

『今日が初めての診察なんです。

専門家の文章などはありません。』

 

心の叫びを私はそのまま言葉にしてしまう。

 

何を言ってるんだこの人?

既に噛み合わない医師との対面

まもなく私はこんな場所にわざわざ出向いたことを後悔することになるのだ。

 

 

以下、医師の問診を軽く再現

 

医師『旦那さん本人に聞きますが、奥様の意見についてあなたはどう思いますか?』

夫、しばらく無言、間を開け、もごもごと聞き取りにくい声で話し出した『まぁ、なんというか…今は妻がそこにいるから話せません』

 

その後は沈黙を貫こうとする夫

それを見兼ねて私が割って入った。

私『口出ししてすみませんが本人は自覚がないんです。あと、彼は家庭内で会話が噛み合わないのは自分に問題があるのではなく妻に問題があると考えているんです。ですから妻がいるから話せないというのは妻がおかしいんだということを伝えたいけれど本人の前では言えないということを伝えたいんだと思います』

 

夫の思惑は嫌という程わかっているので、まんま伝えた。

 

しかし医師はこう判断。

医師『じゃあ奥さん外に出て下さい。ご本人と話してみます』

 

はぁ?困っているのは私。

何故に私が外へ・・・?

そんな疑問が浮上したが私は考え直す。

きっと本人と二人で話したのちに、また私も交えての問診を再開するのだろうな・・・

 

しかし20分ほど外で待たされ呼び戻された私には恐ろしい世界観が待っていた。

 

発達検査をしてもらい、本人を自認へと誘導し、改善への道へ進んでくれたらいいのにと望んでいた私の計画はここで終わりを告げる。

 

医師とはファーストコンタクトの時点で噛み合わないと感じた。

それは間違いではなかったようだ。

夫は私が懸念していた通り『妻がおかしい』と医師へ訴えたらしい。

その夫の意見を医師は受け止めた?ような空間になっているかもしれない。

 

既に私に対して否定的な空気が出来上がっている気がしたので…被害妄想か?

夫にまんまと騙されたかのような医師との対話がスタートする。

 

参考資料~モラハラ心理@家の外では穏やかな人格者

 

医師の結論
①確かにご主人を検査をしたら奥さんの言っているように何らかの数値は出るかもしれませんね(そらそうだ)
②しかし検査したところで何の解決になるんですか?(不思議Point!ここは検査するところですよね?)
③一般人の方が飛び入りで受診されても検査のオーダーができないんです(不思議Point!無理なんですか?じゃあ電話で問い合わせた時に断って下さいよ)
④まず夫婦カウンセリングに通うところから初めてください。夫婦で受診をされる方にはそこからの紹介で来て貰うんですよ。そうじゃないと検査できません(不思議Point!だから電話で問い合わせた時点でそれを言えばいいでしょ)

 

私はまだ医師に伝えたいことを何も話していないのに、夫と会話しただけでもう結論を出した??

 

一瞬、何を伝えられたかが理解できずフリーズしてしまう私。

でも当初の目的を見失ってはいけないと思い、立て直しを図る。

私『あの、夫婦のカウンセリングとかは求めてません。私は夫の療育に付き合う予定もありません。検査したら何らかの結果が出ますよね?本人が生きやすくなるように進むべき道へ導いて欲しいんですけど』

しかし医師は自分なりの何らかの見解があり、それを頑として方向転換する気はないようだった。

もう帰れというような空気。

冗談じゃないと私は続けて述べた

『私は二人の発達障害児を育ててきたんですけど、こんなパターンは初めてです。検査をして欲しいのにして貰えないという状況に驚いてしまって納得することができないのですが』

 

医師は一瞬、驚いて固まる。

しまった・・・!そうだったの?というような、私にはそんな風に見えた。

しかし医師の特性なのかわからないけど、彼は意地でも自分の意見を曲げない。

医師『子供と大人とは違います。子供は専門機関から勧められて受診するでしょ?だから検査出来るんです』

私『いいえ。上の子の頃はまだそこまで療育は発展していませんでしたから、検診でも指摘されなかったので私が飛び込みで受診しましたけど?今のこのような感じで。すぐに検査に回して頂けましたけど?』

 

医師は声をつまらせながらも、それでも頑なに自分の意思を貫こうと決めたらしい。

医師『それでも…今のこの状況は、普通とはちょっと違います』

 

もう彼の耳には患者の声は聞こえない。

僕は間違っていないんだという、ただその証明が必要なようだった。

 

最後に私は疑問を一つ投げかけた。

『人格障害の傾向を感じるのでしょうか?』

しかし医師は困った顔をして黙り込んだ。

返答がないようなので知識がないのかと私は判断して諦めた。

 

医師『次の人が待ってるから、もう・・・』

 

時計を指さし出ていけと私を促した。

 

診察室を出てみると外には誰も待っていないではないか。

 

そして私が引いたことに安心したのだろう。

その医師は笑顔で言い放った。

 

今日は初診だから時間の枠がゆったりだったけど、次からはこんなにゆっくり話せませんのでそれだけご了承ください。

 

私達がまた来ると思っているようだ・・・

To be continued💛

モラハラ離婚テクニック

モラハラマニュアル

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力感謝してます。にほんブログ村

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会

Twitterでフォローしよう