私たちが経験した不思議な家族秘話を大公開!

 

 

"氷砂糖"

それは氷のような形状をした砂糖のことである。

ときに家庭でお酒やジュースを造る際に登場することが多い。

 

そんな状況がなくとも、人生の中で氷砂糖に出会う機会は度々あるのだろう。

 

私はそう信じていた。

 

けれど私達はまもなく遭遇する

とてつもなく恐ろしい真実に。

 

Moraoは知らなかったのだということに。

 

私達が直面したそれは文字通り

氷のような形状の砂糖を知らなかった?という衝撃だった。

 

それは決してではないということを知らなかった。

 

Moraoはソレを知らなかった。

 

私の遭遇したポカン経験の中でも、かなりのポカン度を占める家族の秘話。

 

 

『氷砂糖の準備して、氷砂糖~』

子供に向けた私の声だった。

 

それに反応したMoraoは饒舌に私を罵りだしたのだ。

 

Morao
はぁ!?氷なわけないやろ!これが氷やったら溶けるやろがぁ!!あほちゃうかっ!!

 

 

 

梅ジュースを漬けようと準備している私たちに放たれたその暴言と共に、

満面のドヤ顔。

 

その発言の残念さに私達親子が言葉を失ったのは言うまでもない。

 

 

氷砂糖を知らない、大人の日本人がいた!

 

 

その衝撃は私たちの学びとして神に与えられたのだろう。

 

あまりのショッキングな出来事に、無言でやり過ごした私たちの様子に何かを察したようだ。

自分の発言におかしな部分があったのかも…と、Moraoは学ぶことになる。

 

氷砂糖は氷ではないのだ、砂糖の名前なのだΣ(・□・;)

 

そう、静かに悟った。

 

 

それでも自分の非を認めることはない

そう、やはりMoraoは吠えるのだ。

 

己の失態を隠すために…

 

だから私たちは今日も怒鳴られる。

なぜ怒られているのか訳も分からない私たち

それでも今日も生きる。

 

Moraoは自分はバカではないとひたすら演じなければ

己の生きる場所はないのだから。

 

Mugi

”可哀そうな人間”とは

まさにこういう人

 

 

To be continued

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力感謝してます。にほんブログ村
 

 

離婚に関するお役立て情報
シンママ・シンパパ必見サイト!利用者から好評
求人

Twitterでフォローしよう