スポンサーリンク

 

自分の子供がモラハラだってことに

一生気付くこともないであろう女について考えていこう。

 

姑はMoraoを育て上げた女である。

女はMoraoが高校生の時に離婚している。

 

実はその女もモラハラ被害者のようなのだ。

 

しかし女はモラハラだとか、そのような概念を持ったことなど全くない。

自分が置かれている状況を深く分析したこともない。

 

ただ嫌いだから別れた

という想い一筋で生きている。

 

自分を苦しめた夫との生活の中で

あんな人間にしてはダメだと、子育てのヒントにすることもなく。

己の学びにすることもなく。

 

ただボケっと過ごしてきた彼女は創り上げてしまった。

夫と同じ人間を。

 

結婚生活に失敗したのにも関わらず

失敗した理由の検証も怠っている

学びの無い人種

 

父親の悪口を散々と吐きながらも

父親の悪い部分の分析もせずに

ただただ生きているだけのMoraoもまた

自分が父親と同じ人間になっていることにすら気づいていない、

学びの無い人種

 

 

私はきちんと育てたいと思った。

 

自分もちゃんと育ちたい、

そう息子が言ってくれた。

 

それだけでもホッとできたけれど

まだ気は抜けないよね。

 

当人にはわかりづらいもんで・・・

ちゃんと育てあげた~っ て言ってるもんね。

あの女も。

 

Mugi

配偶者からのモラハラ被害に苦しみ疲れ果てるよりも

まず子供に正しいモノをどのようにして伝えるか?

という課題がもっとも大事なことかもしれないよね。

 

To be continued

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力感謝してます。にほんブログ村

スポンサーリンク
離婚に関するお役立て情報
シンママ・シンパパ必見サイト!利用者から好評
求人

Twitterでフォローしよう